スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
IVHポート・気胸・胃ろう ―追記―*こちらをどうぞ!* 
2007 / 02 / 02 ( Fri )  23:51
☆もう少し見やすく、そしてリンク修正しました。同じ記事がブログ内にありますが、こちらをお読み下さいね☆

IVHポート部
   IVHポート部

胸腔ドレーン
 胸腔ドレーンと胃ろう

メラ
      メラ

ドレーン抜去部
  ドレーン抜去創
 

写真(上から1枚目)IVHポート部の写真。

ポート部のちょうど上に、ブラッドバンを貼っているので、
非常にわかりにくいですが…すみませんm(_ _)m

実際は、ポート部が盛り上がっています!
しかも、カテーテルの走行が皮膚の上からわかります。
切開創が目立ってる…Σ(゜□゜;)



写真(上から2枚目)気胸時に入れてた、胸腔ドレーン(トロッカーというらしい)
挿入部の写真。

『メラ』という専用の持続吸引器につながってます!
毎日、毎日、気胸によってつぶれた左肺が、膨らんでるかを
診るため、レントゲンを撮られました(~_~;)
トロッカー、これがめちゃめちゃ痛かったです。

紙コップから出ているチューブは胃ろうです。
紙コップ、実は検尿コップなんです(≧▽≦)

しならないように、胃ろうを垂直にするための土台なんです。
6月にボタン式に交換予定です。



写真(上から3枚目)『メラ』の写真。
以前にもUPしたので、2回目の登場!

空気を抜くため、-15(この数字は、わからないです。たぶん、圧のことでしょうか?)
で引いてました。

『メラ』には、水が入ってて、最初は、♪ボコボコ、ボコボコ、カチッ♪と、
『エアリーク=空気もれ』音が頻繁でした。
空気もれが少なくなると当然、リークの回数も減ります。



写真(上から4枚目)ドレーンを抜いた写真。(縫合糸で縫っています。)

ドレーン抜去後、11日目に抜糸したら、、傷口がパックリ開いてしまいました(T^T)
この傷口の治療は、今もなお、進行中~






毎週火曜日と金曜日は、 IVHポートの処置があります。

火曜日は、ポート部のつけかえ、金曜日は、ポート用の針の刺し替え及び、
IVHの輸液セット(点滴のチューブ)を全て交換します。

※感染防止のため。
IVHは、感染に最も注意しなければなりません。


◆輸液セットの交換や、つけかえの回数は、さまざまなようです。
(注意!)これは私の場合です。◆


ポートは、皮下に埋め込まれているので、
感染しにくいと言われていますが…
感染予防は大事です。

金曜日のポート用の専用針の刺し替えは、感染防止のため、
無菌操作(清潔操作)で慎重に行われます。

埋め込んでいるポートと呼ばれるものは、→これです。


カテーテルの先端の丸い所(大きさは10円玉くらい)に垂直に針を刺します。
カテーテルは、中心静脈へ挿入されています。
(私の体内にあるポートのメーカーは知らないのですが、
このようなものを入れています。メーカーも色々あるようです。)

IVHポートは、リザーバーやCVポートとも言われています。


ポート専用の針は、→これです。


一見、翼状針のように見えますが、ポート部の消耗を防ぐために、
針先が特殊になっています。
また、針が直角に曲がっているのが特徴です。
(私が使用しているのは、別のメーカーですが…ポート同様、色々あるようです。)

コアレスニードル、ノンコアリングニードル、ヒューバー針など、
メーカーによって名称はさまざまです。

針を刺す時は、やはり痛いです…
押される感じもあります。

抜く時は、全く痛みありませんが、引っ張られるような感じがあります。

ごく最近、(5日くらい前)主治医のK先生にパンフレットを
見せてもらって、ポートってこういうものなんだと知ったのです。
まじまじと見たのは…!


ポートを挿入埋め込むことは、メリットもありますが、
デメリット(リスク)もあります。


1.体内に埋め込むために、手術を受ける必要があります。

2.私のように、肺穿刺して気胸になることもあります。

3.また、感染や閉塞を起こせば、ポートを抜いて、入れ替えなければはなりません。

左側にポートが入ってるので左肩が、よりあがりにくくなりました。
ポート部の違和感もあります。
(この2つは、ポートが身体に馴染んでくるとなくなるかも?知れませんね…)


しかし、メリットも大きいです。

私は、点滴の回数が多く。末梢の血管では、ルートが
採れなくなったので、ポートを埋め込みました。

何回も刺されることなく一度ですみます。



IVHポートについて、主に書いてみました。



私は、手術の時に気胸の合併症になってしまい、
非常に痛く、辛いし、現在も傷口の治療中ですが、
それでもメリットの方が大きく、IVHポートを
入れて良かったなと思っています(o^-')b


【この文章は、かなり前から、ちょこちょこ書いていて、
携帯に保存していたものに訂正や追加をしたものです…】




★お願い★

私は、医師でもなく、医療従事者でもありません。
素人の一患者です。
ひょっとして、間違っていることを書いているかも?知れません。

上にあげた症状は、あくまでも私の症状です。

IVHポートについては適応などもあります。

皆さんが、日頃かかられている主治医の先生に、まずはご相談下さいね。

参考程度にお読み下されば幸いです。


*追記です。*

IVHポートの位置は、私は現在、左側に入れてます。

左、鎖骨下にカテーテルガイドを入れたと思われる皮膚切開創があります。
その直下、2センチにポートを埋め込むための皮膚切開創があります。

また、その直下、1センチの場所に、ポート針を刺す皮膚がぽっこりしています。
《ポート自体は、むき出しではなく、皮膚に覆われています。》
(写真上から1枚目)


胸腔ドレーンの挿入位置は、左胸側の肋骨と肋骨の間に入ってました。
(写真上から2枚目と4枚目)

胃ろうの位置は、みぞおちとお臍の間にあります。
私は、みぞおち側、上部中央に造設しています。
《一人、一人胃ろうの位置は違います。》
(写真上から2枚目)


気胸用の吸引器『メラ』は、胸腔に溜まった空気を抜く器械です。
24時間持続で吸引してました。
6日間、メラにお世話になりました。リーク音が頭に残っています。
(写真上から3枚目)


《今まで、色々な治療を受けてますが、気胸治療は、ワースト5に入ります(゜Д゜;)》



■同じ記事がありますが、タグ、文字が化けました…(;゜ロ゜)
\\が入って、化けてます。見てみて下さい。謎?

現在は、文字化け修正済みです。
スポンサーサイト
雑記 * Com(2) * Tb(1) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
   
ミルちゃん、こっちはご無沙汰してしまってごめんね。
ドレーンを抜いた後の傷口が痛々しいね。
こんなにパックリ開いてしまって・・・
これは辛かったね。
早く傷口がふさがりますように・・・。
胃ろうの事、ミルちゃんの記事を読んで、いろいろとわかりました。
文字化けの方を見てくるね。
From: anri * 2007/02/04 07:00 * URL [Edit] * page top↑
   anriちゃんへ
来てくれてありがとう!
傷口ね、ぬりかべ先生(自分でぬりかべ似と言った先生覚えてる??)が診てくれているよ。

時間はかかってるけど、治ってきてるらしい…
肉芽が出来てきてるってヾ(^▽^)ノ

私が聞いても、ぬりかべ先生わざと言わないし…(整形主治医なのに)
だから、小児科主治医の先生が教えてくれたよ!
From: ミルちゃん * 2007/02/04 09:56 * URL [Edit] * page top↑
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
  気胸について-病気の恐ろしさを見るHP
気胸気胸(ききょう Pneumothorax)とは、胸腔内で気体が肺を圧迫し、肺が外気を取り込めなくなった状態である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
2007/02/10(Sat) 04:45:56 |  病気の恐ろしさを見るHP
*Thank You!*

プロフィール

ミルちゃん

Author:ミルちゃん






「ぽちっ!」とクリック。↑こちらが本編
私が管理するHP。お待ちしています♪

タグふれんず

tabtop.gif

tagring-dot.gif タグふれんずリング 前へ 次へ タグふれんず ランダム リングリスト
★手の障害のため、ゆっくりとしかお話できませんが、お友達募集中♪TAG FRIENDS

ラッキーのお部屋

☆クリックしてみて!長い言葉も話すようになったラッキー君☆


+お友達募集中+

amazon

YAHOO! 検索

Yahoo! JAPAN


spc

みるくのお部屋

メロタグFC:NO.253

みるくお友達募集中:5-112-434 メロメロパーク

カテゴリー

上記のカテゴリーをクリックすると、カテゴリー別に読むことができます。

ブロとも申請フォーム
リンク
++Message++

私の体調、体力により長期間blog更新やComment、ホームページにある掲示板のお返事が出来ないことがあります。その時は遅くなってしまいますのでゴメンナサイ。気長に待っていて下さいね。ご理解をお願いします。沢山の方々と出会えることが出来て、とても嬉しいです。みなさん、ありがとうございます!これからもヨロシクお願いします♪
気軽に足跡を残してね。敬語は使わなくてもいいの(*^ー°v 気軽にどうぞ♪残してもらった足跡がとても励みになるの(#^.^#)

Byミルちゃん

全ての記事を表示
最近の記事+コメント

携帯で読めます
おくすり110番


このサイトは処方された薬を簡単に調べることが出来るので、処方されてる薬を把握することが出来るよ。

トラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。